<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

東陽フェニックスAチーム、ジャビットカップ深川予選で勝利

JUGEMテーマ:スポーツ

東陽フェニックスAチーム、ジャビットカップ深川予選で勝利!

 

3月4日(日)の11時前から夢の島5面にて、ジャビットカップ深川予選が行われ、東陽フェニックスAチームは深川ホークスと対戦、先取点を奪われた東陽フェニックスだったが、持ち前の粘りを発揮して6回裏に逆転に成功、3対2で勝利して、5月に行われるジャビットカップ江東大会の出場権を勝ち取った。

 

前日行われた卒部会のお祝い気分を吹き払い、春の柔らかい日差しが注ぐ中、しっかりとウォーミングアップをした東陽フェニックスは、元気良くグラウンドに飛び出し整列、大きな声で挨拶をして、守備位置に散って行った。その立ち上がりの1回表、先発の佐俣快成がテンポ良く二死を取ったものの、三番バッターに右中間を破られて二塁打を打たれると、内野ゴロエラーであっさりと先取点を奪われてしまう。何でもないゴロをタイムリーエラーしてしまう勝負弱さは相変わらずだ。

 

3回表にも先頭バッターにヒットを浴び、ワイルドピッチで1点を追加され、0対2とリードを広げられた東陽フェニックスだったが、その裏に反撃開始。先頭バッタの長谷川太一がエラーで出塁すると、盗塁と送りバントで三進、一死三塁の場面で吉田慎作の内野安打で1点を返すと、さらに4回裏には、平川美月が二死から四球を選んで出塁、ワイルドピッチの間に同点をホームを踏むことができた。

 

先発の佐俣快成は、4回以降は落ち着いたピッチングを展開して、相手打線に付け入る隙を見せず、バックもテンポの良いピッチングに合わせるようにリズムを取り戻してノーエラーで応える。同点に追いつき、ようやく試合の流れをつかんだ東陽フェニックスは、6回裏に先頭の土田夏輝が死球で出塁すると、下位打線がつないで一死二三塁のチャンスを作る。しかし、あと1本が出ず二死となり、無得点かと思われたその時、相手ミスで土田夏輝が素早く反応、好走塁を見せてホームを陥れ決勝点をもぎ取った。

 

最終回となった7回表は、一死から二塁打を浴びたものの、最後は、セカンドの市川龍惺が難しいライナーをさばいてゲームセット、苦しみながらも粘り強さで勝利をものにして、5月に行われるジャビットカップ江東大会へ駒を進めることができた。

 

この試合、拙い走塁によって何度も得点機を逃した東陽フェニックスだったが、先発の佐俣快成が落ち着いたピッチングで、その都度流れを東陽フェニックスに引き寄せ、また、下位打線の頑張りで勝利を手繰り寄せることができたことが大きかった。課題は満載だが、チームに勝利への執念が、少しずつだが芽生えて来たことが大きい。これからの戦いが楽しみになって来た。

 

ジャビットカップ江東大会の出場権を獲得した東陽フェニックス、5月13日(日)に江東大会が始まる予定だが、それまでに課題を修正して、是非、さらに上をめざして欲しいと思う。

 

頑張れ、東陽フェニックスAチーム!

 

前年度優勝の深川ジャイアンツを除いて、5枠のある江東大会への出場権をかけ、

12チームがしのぎを削ることになった。

この試合の先発メンバーを発表するキャプテンの佐藤優太(四砂小6年)。

8時前ににはグラウンドインしてウォーミングアップを始める。

背番号確認をする審判員に大きな声で返事をする東陽フェニックスの選手たち。

春の訪れを確信する青空の下、試合前の整列だ。

ファーストを守った土田夏輝(四砂小5年)は、体を張ったプレーを見せてくれた。

セカンドの市川龍惺(四砂小)は、最後のバッターの放ったライナーを好捕して、

チームに勝利をもたらした。

サードの吉田慎作(四砂小6年)は、初回こそタイムリーエラーをおかした

ものの、その後はアンテした守備を見せ、3回裏には反撃ののろしとなる

タイムリーヒットを放った。失敗は取り戻せば良いのだ。

先発の佐俣快成(南砂小6年)は、粘り強いピッチングを展開、7回を投げ抜いた。

ライトの平川美月(四砂小6年)は、4回裏の攻撃で同点のホームを踏み、

さらに6回裏には大事な場面でバント決めて逆転を演出した。

キャプテン佐藤優太(四砂小6年)が守備位置で緊張をほぐすためにリラックス。僅差の

ゲームで緊張が続いたが、声を出し続けてチームを盛り上げた。

センターの長谷川太一(四砂小6年)は強みの俊足を生かして、3回裏の反撃のきっかけを作った。

ピンチを切り抜けてベンチに帰る東陽フェニックスの選手たち。

山岸優斗(北砂小6年)は、得意のバッティングで良いとおころを見せられ

なかったものの、好リードと強肩で相手チームの脅威となった。

治田和(四砂小6年)はつなぎのバッティング見せ、さらに、守備でも難しい当たりを

好捕して、チームのピンチを救った。

3対2で勝利して5月のジャビットカップ江東大会に駒を進めた東陽フェニックス。

応援してくださったご父母の皆さまにお礼のご挨拶、またよろしくお願いいたします。

 

 

 

2018.04.05 Thursday 12:27 | comments(0) | - | 
<< 東陽フェニックスAチーム、大塚スネークスと練習試合! | main | 東陽フェニックスAチーム、3月の練習試合ほか >>